ブログ|JR王子駅7分 夜8時まで 「痛くない」もりや歯科医院

医院ブログ

歯周病の話

新年明けましておめでとうございます。

本年も皆様の歯の健康のお役に立てるよう、スタッフ一同努めたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新年最初の今回は、歯周病についてのお話です。

歯周病は、日本の成人の80%に何らかの症状があるといわれています。

たとえば歯を磨くときに血が出る、というのもよくある症状のひとつですが、血が出る程度で歯科医院にいらっしゃる方も少ないのが現状です。

歯を取り囲む歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌が起こす病気ですが、症状がかなり進行するまで痛みが起きないために、自覚しにくいのです。

歯周ポケットに入った歯周病菌は炎症を起こし、歯槽骨が溶け、血や膿を出しながら悪化していきます。

膿がたまり、歯の周辺組織を圧迫するときに、ようやく激烈な痛みが起きるのです。

歯周病を放置すると、気づいたときには歯がぐらぐら、抜歯せざるを得なくなる場合もあります。

歯周病にならないために、また進行させないために毎日のはみがきと、定期的に歯科医院でチェックすることが大事です。

 

歯周病と、むし歯の原因菌は異なります。

歯周病はむし歯になりにくい人にも多い病気です。

自分はむし歯になりにくいから、と日々のケアを怠っていると、歯周病という落とし穴が待っているかも知れません・・

歯ぐきの調子が悪い、歯を磨くとき血が出る、などの症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

 

本年も、もりや歯科医院をどうぞよろしくお願いいたします。

この投稿へのコメント


CAPTCHA


もりや歯科医院 tel:03-3914-4182