東京都北区のインプラント|もりや歯科医院|王子 歯科 歯医者

医院ブログ
スタッフ募集
患者様の声
北区ドクターズ
患者様の声

インプラント

インプラントとは

歯科インプラントとは、歯を失った後のあごの骨に埋めこむ人工歯根のことを指します。この人工歯根は埋め込まれると、やがて骨と結合します。その人工歯根の上に金属やセラミックでできた歯冠(歯の頭の部分)をしっかり固定します。
失った歯の機能を回復させる方法はいくつかありますが、歯全体、つまり歯冠と歯根の両方を再生するなら、歯科インプラントが唯一の方法になります。

その他の方法、ブリッジや取り外し式の部分義歯の場合は、現在ある他の歯に支えになってもらわなければ、口の中にそれらを装着させることができません。よって失った歯にかかる力を周囲の歯が余分に負担することになります。それぞれの歯は基本的に、その歯1本分にかかる力の分だけ耐えられるための形をしていて、それ以上にかかる力は多少なりともその歯にとっては超過荷重ということになるんですね。ところがインプラントは、他の歯に支えになってもらう必要がありません。
自分の人工歯根で支えることができるからです。
この点が、インプラントと他の方法の最大の違いになります。

 


インプラントでできること

インプラントでできること

 

従来の治療法(固定式ブリッジや取り外し式の部分入れ歯)とインプラント治療との比較

ブリッジとインプラントの比較

ブリッジという治療法を選択した場合、清掃が難しいため土台となる歯と歯の間の骨が少なくなりやすいという問題があります。また、土台となる歯をむし歯になっていなくても削らなくてはなりません。

前歯を1本失った場合

部分入れ歯とインプラントの比較

入れ歯でもブリッジという治療法でもどちらでも選択できるケースがあります。入れ歯よりインプラントのほうがしっかり噛むことができます。

奥歯を失った場合

インプラント治療の手順

1回目の手術~2回目の手術

手順

 

仮の歯の取り付け~完成まで

手順

インプラントよくある質問Q&A

Q1 インプラント治療は誰でもうけられますか?

A1 顎の骨の大きさや形状により不可能な場合があります。まt、きちんとブラッシングのできない方は、不適応となります。先生にご相談ください。

Q2 手術の際は、入院が必要ですか?

A2 埋入する本数にもよりますが、ほとんどの場合、入院の必要はありません。むしろ手術後に歯根部が骨と結合するまでの期間(安静期間)の過ごし方のほうが、大切になります。

Q3 痛みや腫れはありますか?

A3 麻酔をしますから、手術時にはそれほど痛みはありません。術後は多少の痛みと腫れがでる場合もあります。

Q4 治療期間はどのくらいですか?

A4 インプラントを埋めた部位や骨の質など個人差がありますが、一次手術後、約4ヶ月~12ヶ月ほどです。

Q5 インプラントの噛みごこちは?

A5 自分の本当のはとほぼ同じような感覚で噛むことができます。

Q6 糖尿病などの病気がありますが、可能でしょうか?

A6  病気により手術ができない場合がありますので、詳しい病状をお聞かせください。

Q7 何歳くらいまでインプラントは可能でしょうか?

A7  一般的に成長期の患者さんには行いませんが、80歳以上の高齢者でも行われているケースもあります。

Q8 治療費はどれくらいかかりますか。

A8 現在は保険治療の効かない自由診療(自費)扱いとなっています。入れるインプラントの本数など治療内容によりことなります。あらかじめ、よく相談し、納得してから治療を受けてください。

ページの先頭へ戻る