王子 歯科用CT|もりや歯科医院|痛みの少ない治療

歯科用CT

歯科用CT 歯科用CTとは歯の状態を立体的に撮影できる装置です。歯科用CTの普及率は約10〜15%程度と言われています。

歯科医院のレントゲン撮影機は、ほとんどの医院で設置していますが、このレントゲンと呼ばれる骨を撮影する装置では2次元的な状態は写し出しますが、立体的な診断ができません。

CTの場合、歯を立体的に再現し、撮影した後にも3Dとなった骨の状態を360度あらゆる方向から確認できます。

もりや歯科医院では、より正確な診断の為に歯科用CTを導入しています。

当院のCTの特徴

より高性能なCT撮影機能を搭載

当院のCTは、正確な診断のためのクリアで高画質な画像が取得できます。

CT画像

低線量撮影モードを搭載

診断に必要な画質を維持しつつ、X線量と照射時間を低減。CTスキャン時間はわずか3秒です。

低線量・短時間の撮影で安心

インプラント治療では、骨の質や幅や厚みなどの必要な情報を得ることが、より正確な診断と治療に繋がります。歯科用CTを用いることで、治療の成功率は飛躍的に向上します。

また、インプラント治療だけでなく、親知らずの治療や根管治療などの様々な歯科治療に、幅広く対応することが可能です。

症例イメージ

症例イメージ

CT撮影に関して、ご不安なことや、ご質問があればいつでもお気兼ねなくご相談ください。

もりや歯科医院 tel:03-3914-4182